ホーム  --  パチンコ・スロット店の「創生」

パチンコスロット店は装置産業であるがゆえに、遊技機と玉の量や価値に比重をおいた 「稼動」というキーワードに主眼を置きがちです。

しかし、「稼動」の向上を実現するには「集客」が前提になければ実現しないということはとはご存知のことと思います。
今まで、遊技機と出玉という商品を重要ポイントとして前面に押し出して「集客」を行ってきた業界であるともいえます。

つまり、遊技機と出玉で集客をするということは、メーカーや行政、お客様に売上や利益ひいては自分の会社・店の命運や生活・人生までもそれらにゆだねているということに他なりません。

どういうことかというと、良い遊技機が導入できれば、お客様もお金を消費してくれて売上が上がるはずです。

しかし、現状では、規則改正の見通しもなくそのような遊技機が出る見込みは薄いですし、 仮に発表されたとしても、資本が豊富な大手チェーン以外は、価格が下がらないのでは十分に導入することは現実的に厳しく感じます。また、行政は社会的影響を鑑み、店独自のイベントのあり方まで指導の対象とするようになってきました。

ですから、良い遊技機が登場し、玉の量や価値に関する表現も柔軟にならない限り、良い売上や利益を再現することはできません。

つまり、店にとって遊技機や出玉は必要ですが、それだけを材料としない「集客」の概念を知り、スキルを得ることによって売上も利益もひいては自分の生活や人生もコントロールすることができるようになるということです。

あなたは、まだメーカーや行政、お客様にすべてをゆだねますか?

視点を変え、素直なマインドで取り組めば自分の手に取り戻すことができるのです。

ムダな玉を出さずに1年以内に店をパンパンにするマーケター
高 山 昌 之

 

ホーム  --  パチンコ・スロット店の「創生」


東京スープカレーcahaya東京スープカレーONEOREIGHT
求人情報会社概要