ホーム  --  社長プロフィール

高山昌之(たかやま まさゆき)

(有)マジカルエッグ代表取締役。
遊技機と出玉に頼らずに店をパンパンにするコンサルタント。
西田文郎(日本一のスポーツ・ビジネスメンタルトレーナー)主催「西田塾第15期卒業」

大手パチンコ・スロット店チェーン会社幹部を経て、2002年(有)マジカルエッグを創立。

パチンコ・スロット店業界を従来の遊技機と出玉にフォーカスした「稼働重視主義」経営を顧客という人にフォーカスする「集客至上主義」経営に変革させることをミッションとしている。

具体的には、行政や機械メーカーに依存する経営環境からの脱却を目指し、会社・店の財産とも言うべき顧客リストを活用することにより、自らの手で売上をコントロールすることを目的としている。効果が実証済みのマーケティングノウハウを提供することで、経営資源が少ない中小ホールの集客を支援している。指導を受けたクライアントは2,500名の会員にアプローチしわずか90日で既存店前年比102%を実現した。

最近では、費用対効果の面の他、人材育成においても役立つコピーライティングスキルをベースとしたこの手法が評判となり、パチンコ業界誌「プレイグラフ」に”緊急レポート”として掲載される。年に数回しか開催しない人数を限定したインプットセミナーは毎回キャンセル待ちが出るほど。地域で一社に限定した個別のコンサルティングは遵法営業に沿っていて、且つ陳腐化することがないこの独自の手法は業界初といえ、その新たな視点と切り口は注目を浴びている。

また、どんな商売でも、店舗を構える業態は常に「集客」がテーマというのをモットーに、パチンコ・スロット店業界のみならず、飲食店や美容関連会社、物流加工会社、健康食品会社など業界外からの引き合いも多い。自身でも飲食店、人材派遣業、通販事業も経営し、自身が考案したマーケティングを取り入れ業績を伸ばしている実践型コンサルタント。

 


公開セミナー教材メニュー実践!個人講座無料プレゼントコンサルティングプロフィールお客様の声